2017-06-08 PT練習会

「射撃」というと誰もが鉄砲を構えてから後のこと、サイティングやトリガープルのことを考えるのですが、純粋な射撃になればなるほど、それ以前、立ち方やグリップの作りかたの影響が大きいように思います。

↑の「おもちゃの兵隊」のように、フォームが一定であれば銃はいつも同じところに上がるわけなので目をつぶっていても銃は的に向くはず……まーそれが難しいのですが……デモをするたび「これは悪いお手本だからあんまりマネしちゃダメだよ!」とヒヤヒヤしております。みんなではるかな高みを目指していきましょう。

ところでハンディな教本というのがこの業界あんまりありません。「オリンピック・ピストル・シューティング(ISBN4-938236-88-5)」はそれなりにコンパクトなのですが絶版で入手が難しい……英語だと「Pistol Shooting(ISBN 978-3-9814287-2-8)」が比較的新しいのですがうーん……1冊85ドル……。

とまぁ大変ですが、京大ライフル射撃部が新入生に渡している「初心者と教習者のためのてびき 第2版」は内容がしっかりしているのと最初の檄文がなかなかシビれるのでオススメです。全文以下のページで公開されているのでご参考まで。(OK)

http://www.rifle.kusu.kyoto-u.ac.jp/members/membersfra.html

シェアする

フォローする